ロード中
Loading...
サプリメントは健康によいのか?(第3回) | カリフォルニア大学ロサンゼルス校 医学部 津川友介先生
ロード中
Loading...

減塩コラム

各先生に減塩に関するコラムを
執筆していただいています

玄米は健康に良いスーパーフード
(第1回)

以前のコラムで、私が糖質制限をおすすめしない理由をご説明しました。シンプルに糖質の量を減らすとお腹が空いてしまうので、代わりに動物性のたんぱく質などを取りすぎてしまい、結果として寿命が短くなる可能性があることが過去の研究から示唆されているからです。そもそも糖質制限によるダイエット効果は限定的で、6か月するとリバウンドしてしまうことも報告されています。歴史的に人間はずっと十分な食料を見つけることが難しい飢餓の時代を過ごしており、飽食の時代になったのはつい最近のことです。カロリー摂取量を減らして我慢することは飢餓と同じ状況なので、それを長期間維持することは危険な状態です。リバウンドしてしまうのは意志の力が弱いからではなく、生存に必要な行動として遺伝子にプログラムされているからです。

ではどうしたらよいのでしょうか?まず空腹を感じている状態を維持することでダイエットすることは現実的ではありません。がまんするのではなく、食べているものを「置き換える」ことで空腹を感じることを回避します。白米やパスタなどの炭水化物をサラダに置き換えるのでもいいのですが、準備するのが大変であったり、価格が高かったりして難しいと感じる人は多いと思います。そこでおすすめしたいのが、白米を玄米に置き換えることです。

玄米

玄米を精製して中心部の胚乳だけを残したものが白米です。なので、「玄米=白米+胚芽+ぬか」と思って頂いてよいと思います。白米はこのように玄米から作られるため、カロリーはほとんど変わりません。しかし、玄米の方が食物繊維の量が6倍も多いこともあり、食後の血糖値の上昇は玄米の方がゆっくりあり、これが玄米がダイエットや健康増進に有効である理由の一つであると考えられています。実際に食事の血糖値へ与える影響を表す指標であるGI値(グリセミック・インデックス)を比較してみると、玄米が50なのに対して、白米は72と、白米の方が44%もGI値が高いのです。