ロード中
Loading...
「元気なとり」減塩プロジェクト|宮城県名取市|めるとが行く塩の旅|らくだ6.0プロジェクトオフィシャルサイト
ロード中
Loading...

めるとが行く塩の旅

都道府県別の塩分摂取量を
掲載しています!

「元気なとり」減塩プロジェクト

宮城県名取市は、東北最大規模の史跡「雷神山古墳」をはじめとした歴史的な資源が数多く残る街です。また、春まつり・夏まつり・秋まつりと、名取3大祭りを開催するなどイベントが多い!そんなパワーいっぱいの名取市では、「元気なとり」減塩プロジェクトが行われています。宮城県名取市保健センター 保健総務係長 管理栄養士 高橋千春さんを取材しました。

健康課題
4.5人に1人が高血圧

宮城県の食塩摂取量は平成28年国民健康栄養調査において男性ワースト1位、女性ワースト9位。名取市も全国平均からみると食塩摂取量が多い都市と考えられる。また、平成29年度名取市特定健診結果でⅠ度高血圧以上の割合が1,079人(22.2%)と、約4.5人に1人が高血圧であることから減塩対策が課題となっている。

取り組み内容
地域での普及啓発

「元気なとり」減塩プロジェクト

市民一人ひとりが高血圧や塩分に関する正しい知識を身につけ減塩に取り組むための活動として、2019年4月より実施。生活習慣病の重症化に繋がる「脳・心臓・腎臓」の血管を守ることを目的とされ、減塩の普及啓発や住民が減塩食品を購入しやすい環境づくりを行っている。

減塩食品の認知度向上

減塩率20%以上の優良な食品が掲載されている「JSH減塩食品リスト(日本高血圧学会減塩委員会ホームページより)」を通して、市販の減塩食品を幅広い世代へ積極的にご紹介。「減塩食品はおいしくない」というイメージを、最新の減塩食品を使用することで食卓の味を変えずにおいしく食べられることを知っていただくきっかけとしてスタートした。

特定健診や母子健康手帳配布時、乳幼児健診時に、減塩商品の紹介や配布を行い、ご高齢者や主婦の方々へ情報を発信している。また、市内のスーパーへプロジェクトの概要を説明し、ポスター掲示等を積極的に行っていただくことで、幅広い世代への普及を進めている。

※2020年10月時点で133品掲載

減塩商品の紹介 乳幼児健診
乳幼児健診でのJSH減塩食品ご紹介の様子

市役所売店では、「JSH減塩食品リスト」掲載の一部商品の販売やそれらを使用したレシピ配布を行っている。

減塩商品

名取市減塩推進協力店

「減塩食品を販売・促進している」「お客様の要望により減塩調味料が選択できる」などの条件を満たした、名取市と一緒に市民に減塩を呼びかけていただける店舗を募集。2020年7月時点では、市内の小売店9店舗を認定。認定された協力店にはステッカーが設置されている。

ステッカー

また、日本高血圧学会が定めた「毎月17日は減塩の日」に合わせて、店頭に「のぼり旗」を設置(一部店舗は店内にポップ掲示)。

のぼり旗 店頭

名取市の地域特産物「笹かまぼこ」の減塩化

地元笹かまぼこ企業が開発した「減塩笹かまぼこ」を使用して、名取市食生活改善推進員※1が「多めの菜取り(なとり)で減塩!」をテーマにYouTube動画を作成。減塩笹かまチャーハンなどのレシピ紹介をしている。

※1 食を通した健康づくりを目的としたボランティア活動を行う市民。

レシピ

また、2020年10月21日の地元産直マーケットでは、地元野菜購入者へレシピ紹介と減塩調味料のサンプル配布。地元の笹かまぼこ企業が「減塩笹かまぼこ」のサンプルを提供し、認知を広めている。

地元産直マーケット1 地元産直マーケット2

さらに、名取市の管理栄養士監修の「減塩笹かまぼこ」と地元野菜を活用した期間限定メニューをcafe smile(カフェ スマイル)にて店舗販売を行うなど地元企業や店舗と市が協力して減塩啓蒙活動を行う。

チラシ1 チラシ2
期間限定メニュー「たっぷり菜取り(名取)と減塩笹かまのヘルシーランチ」チラシ

コロナ禍での工夫

リモートやYouTube動画を活用

「今なぜ減塩なのか」「いまどきの減塩食品はどうなっているのか」等を広く知っていただくため、2020年10月16日(金)に一般市民向けの減塩フォーラムを開催。宮城県内の公立刈田綜合病院 伊藤貞嘉先生をお呼びする他、リモートで日本高血圧学会減塩委員会オブザーバー 野村善博氏が講演された。
また、試食ができないため食生活改善推進員が作成したYouTube動画を活用し、自宅でも簡単にできる減塩料理を紹介した。

期待される効果
生活の中で自然に減塩を習慣化

「元気なとり」減塩プロジェクトでは、Ⅱ度高血圧以上の割合7.6%※2を令和5年度に6.9%にすることを目標としている。市民が様々なところで「減塩」の文字や取り組みを目にすることで、長期的には生活習慣病の減少・健康寿命の延伸につなげていきたい。

※2 名取市データヘルス計画 平成28年度の結果